MENU TEL

ブログ記事一覧

損害賠償金の算定基準

2015.04.19 | Category: 被害者請求できる損害

こんにちは、交通事故専門士の石田です。


今日は、損害賠償金の算定基準についてご説明させていただきます。


前回説明した損害賠償請求できる項目の損害賠償金を計算するときには、以下の種類の『算定基準』というものが用いられます。


  • ①自賠責基準
  • 自動車やバイクを運転する人すべてに加入が義務付けられている自賠責保険の支払い基準です。


  • ②任意保険基準
  • それぞれの保険会社が別々に設定している基準です。一般向けに公表はされていません。


  • ③財団法人日弁連交通事故相談センターによる基準
  • 財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が編集した民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準、または日弁連交通事故相談センターの支払い基準です。これらによる基準は過去の判例を参考にして作成されています。


3つも存在する理由は、加害者によって加入している保険が違うからです。ですから、加害者が自賠責保険にしか加入していなければ賠償金は自賠責保険で計算されますし、加害者が任意保険にも加入していれば、前に説明した『任意一括払い』となり任意保険基準で計算されることになります。


また、弁護士基準で賠償金を請求するならば、通常は被害者は自分で弁護士に頼んで裁判をするか、交通事故紛争処理センターを利用することが多いです。


このように、賠償金の支払いについては結構難しい問題が多くあります。とくに任意賠償金基準は一般向けに公表されていないことから、どんな仕組みになっているか分かりにくいですよね。


煩わしいことのサポートはお任せください!

hanko_natsuin

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

被害者請求できる損害

2015.04.12 | Category: 被害者請求できる損害

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

今日は、交通事故の被害者が請求できる損害についてご説明させていただきます。


交通事故に遭ってしまったら、原則として被害者は、自分が受けた損害の具体的な金額を算出して加害者に伝えなければいけません。ですが、今は任意保険に入っている人がほとんどですから、自分が加入している保険会社に同意書を渡せば被害者に見積もりを提示してくれます。


交通事故で被害者側に発生する損害は、

  • 人身損害…交通事故で人の怪我、死亡などが引き起こされた場合
  • 物的損害…人の怪我、死亡はないが被害者の所有物が交通事故によって破壊された場合
  • に分けられます。


    さらに人身事故は財産的損害精神的損害とに大別され、そのうち財産的損害は積極損害と消極損害に分けられます。ではその中で財産的損害、精神的損害について説明させていただきます。まず、財産的損害の中の積極損害とは『被害者が交通事故に遭ったことによって支払いを強いられる費用』のことです。


    代表的なものとして、

    • ①治療費
    • ②付添費
    • ③将来介護費
    • ④将来雑費
    • ⑤入院雑費
    • ⑥通院交通費
    • ⑦装具・器具購入費
    • ⑧家屋・自動車等改造費
    • ⑨葬儀関係費
    • ⑩弁護士費用

    があります。


    次に、財産的損害の中の消極損害とは、『被害者が事故に遭わなければ得られたはずの利益』のことです。

    • ①休業損害
    • ②逸失利益
    • が含まれます。


      最後に、精神損害とは被害者や遺族の精神的苦痛にあたるものです。


      • ①傷害慰謝料
      • ②死亡慰謝料

      が含まれます。


      例えば、積極損害の⑥通院交通費では、『自分が所有する自動車を使った時は通院の一定の距離に一定の単価をかけた金額が支払われる』となっています。ですから、一般的には病院と自宅の往復距離にガソリン代として
      1km=15円をかけた金額が支払われることになっています。


      交通事情やケガによってはタクシーでの通院も認められる場合もありますが、それについては事前に保険会社に確認しておく必要があります。実際にこれらの損害額を自分で算出する人はほとんどいませんが、何もわからずにいると後々トラブルになることもありますので、少しでも理解しておくことが必要ですね。


      何かわからない事がありましたら当院へどうぞ!

      koutsu_jiko_car_man

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

自賠責保険の賠償金の最高限度額

2015.04.06 | Category: 自賠責保険

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

今日は、自賠責保険の賠償金の最高限度額についてご説明させていただきます。


自賠責保険で支払われる賠償金の最高限度額は1事故1名につき、

  • ・死亡の場合で3000万円
  • ・傷害の場合で120万円
  • ・被害者が後遺症障害に認定された場合には等級に応じて75万~4000万
    • と定められています。


      この金額は被害者それぞれに支払われると決まっています。ですから、仮に1回の事故で3名死亡した場合でも1人1人に3000万円ずつ支払われます。また、同一人物が複数回の交通事故を起こした場合でもその都度賠償金が支払われます。


      前回説明したように、賠償金はまず自賠責保険から出て、足りない分を任意保険で支払います。ですから、傷害の場合、120万円を超えたら任意保険で支払うことにないます。ですが、保険会社は賠償金を自賠責保険で賄える範囲に抑えたいという傾向があることは否めません。その結果、被害者が本来受けるべき金額より低めになってしまうケースもあります。


      保険会社は営利企業ですから、利益を確保する為の行動をとるのは仕方のないことなのかもしれません。ですが、それで患者様が適切な治療を受けられないということになってはいけません。そこで、自分のケースと近い過去の交通事故の情報を知り、賠償金の相場を把握しておくことが大切になります。しかし、これらの情報はネットでは不確かなものが多いです。


      1番確実なのは弁護士に相談することです。しんせつな鍼灸マッサージ整骨院では弁護士の紹介もさせていただけますのでご安心ください。交通事故というショッキングな出来事を経験した心労は計り知れません。そんな方々の心身を癒したりサポートしていくことが私たちの仕事です。お気軽にご相談下さい。

      car_orange

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

損害賠償の任意一括払いについて

2015.03.28 | Category: 任意保険,自賠責保険

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

今日は、損害賠償の任意一括払いについてご説明させていただきます。


そもそも保険は『生命保険』『損害保険』に分けられます。『生命保険』は、不慮の怪我や病気、死亡などによって収入が維持できなくなったときに備えるためのもので、私たちが交通事故の際にやりとりさせていただくのは、損害保険会社です。損害保険会社は交通事故や災害などによる損害を補償する業務を行っています。


また、『損害賠償』とは、被害者が加害者に対して交通事故によって発生した損害を賠償請求することです。これに損害保険会社は大きくかかわっています。交通事故の加害者が被害者に支払う賠償金はまず自賠責保険から出て、足りない分を任意保険会社の任意保険で支払うことが大原則です。


そのとき被害者は加害者の自賠責保険に直接請求することもできますが、諸手続きに対する知識がないと難しいのが現実です。また、自賠責保険会社と任意保険会社の2つを相手に対応するのは非常に大変です。そこで、損害保険業界では加害者が加入している任意保険会社が自賠責保険の支払い分も含めて被害者に対応することになっています。


これを『任意一括払い対応』と言います。


任意一括払いの担当保険会社が自賠責保険から出る賠償金を含めた金額を、1度に被害者に支払い、そのあと加害者側の自賠責保険会社に認定金額を返してもらう仕組みです。


一般の方には少し難しいですよね。私たちはこのような対応についても熟知していますので、お困りでしたらいつでもご相談下さい。

building_hoken_dairiten

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

接骨院と整形外科

2015.03.22 | Category: 交通事故

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

みなさまの中には、交通事故治療は整骨院では受けられないと思われている方もいるのではないでしょうか。


そんなことはありません。


  • 平成13年金融庁・国土交通省告示第1号
  • 『自動車損害賠償責任保険の保険金及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準』

で、交通事故による怪我などの治療に『柔道整復等の費用』を認めるという通達がありますので心配いりません。


しかし、治療院ではむち打ちをはじめとする筋肉の損傷を専門的に治療することを得意としていますが、骨折、内臓損傷、ひどい出血などは治療できません。まずはきちんと病院で検査し、そのような大きな怪我でないことを確認する必要があります。


このように、交通事故の治療は、治療院と整形外科を併用することが重要になります。整形外科の診断書をもとに、治療費支払いの判断をする保険会社が多いですから、整形外科との連携が重要なんです。


当院では、みなさんのご自宅や職場から近い整形外科をご紹介させていただくことができますし、信頼のおける整形外科と連携して、”多職種連携”でみなさんをサポートさせていただきます。なにかご相談がありましたら、当院までどうぞ。

rehabilitation

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

労災保険について

2015.02.15 | Category: 労災保険

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

みなさん、「労災保険」はご存知ですか?正確には「労働者災害補償保険」と言います。


次のような場合に労働災害の適用となります。

  • ・行き帰りの通勤途中での事故
  • ・配達や営業などの運転中に起きた事故
  • ・仕事中の事故

いわゆる”労働中に起きた事故”ですね。


もちろん、交通事故の種類、過失割合、怪我の程度、職種などによっては、自賠責保険を使用することもできます。「労災が使えるのは大事故だけ」「面倒な手続きが多い」とお思いの方もおられるのではないでしょうか。


労災保険では、

  •  ①療養補償給付
  •  ②休業補償給付
  •  ③障害補償給付
  •  ④傷病補償年金
  •  ⑤介護補償給付
  •  ⑥遺族補償給付
  •  ⑦葬祭料

が請求できます。


労災保険でもこのようにいろいろな補償が受けられるんです。また、労災を使用すると、会社の保険料が上がると勘違いされている経営者の方も多いようです。しかし会社の規模が、

  • ①労働者100人以上
  • ②労働者が20人以上で「(労災保険料率ー0.9/100)×労働者数」の値が0.4以上

この2つより規模が小さいと、事故の大きさ等に関わらず、保険料は変わらないんです。


労災の活用は国も積極的に進めています。しんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、自賠責保険だけでなく労災保険についてもお答えできます。お困りのことが御座いましたら、お気軽にご相談下さい。

石田

job_bengoshi_man

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

示談について

2015.01.27 | Category: 交通事故

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

皆様、交通事故に遭ってしまったら何をすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。特に一般の方にあまり知られていないのが”示談”です。


特に気を付けていただきたいのが、交通事故現場その場での示談や加害者との約束、念書、先に賠償額を決めておくなどの行為です。何も知らずにしてしまうと、その後何かあった時に、請求が出来なくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。


素人の方では、自分の事故の妥当な損害賠償額はわかりませんよね。そんなときに当院がご相談に応じさせていただきます。もちろん、示談サポートのプロである弁護士の方や行政書士の方をご紹介させていただくこともできますので、ご安心下さい。


素人の方では難しい例の場合も専門的に対応できます。このようにしんせつな鍼灸マッサージ整骨院ならではの専門的な説明をさせていただきますので、何でもお気軽にご相談下さい。

job_kenji_woman

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

交通事故専門士の階級

2014.10.29 | Category: 交通事故

こんにちは。交通事故専門士の石田です。

以前にも紹介させていただきましたが、「交通事故専門士」とは日本で初となる交通事故の専門資格、いわば交通事故の問題を解決するスペシャリストです。


我々は、この資格の保有者として正しい知識を「一般の方々」はもちろんのこと、「各専門家」にもお伝えしていきたいと考えております。そして、より適正化していくことを目指し活動しています。


適正化していくためには、正しい知識を共有することが大切です。それは、被害者だけでなく加害者や保険会社、医療機関などさまざまな立場の方に言えます。治療の専門家である医療従事者の中にも、自賠責保険や交通事故に関しての正しい知識を持っていないという方もいらしゃいます。これは、交通事故についての知識は義務化されていないためであるといえます。


そこで、お互いに正しい知識を持ち、きちんと法律に基づいたサポートを受けられるよな世の中を求めて、交通事故専門士の資格を普及してまいります。


交通事故専門士には3つの階級があります。

  • ・上級(インストラクター)
  • ・中級(医療機関等、各専門家向け)
  • ・初級(一般の方向け)
    • このように初級という一般の方向けの階級もありますので、皆様にも交通事故専門士として活躍していただくことができます。


      とても簡単に取得することができますので、興味がありましたらぜひ一度勉強会に参加していただきたく思います。そしてアドバイザーやコーディネーターとして交通事故でお困りの方々をサポートし、より安心して交通事故後の問題解決ができる世の中に変えていきましょう。

      leader_woman

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

交通事故で損をするのは嫌だ

2014.10.19 | Category: 交通事故

こんにちは。交通事故専門士の石田です。

今までのブログでもたびたび「自賠責保険」の使い方などについてお話しさせていただきましたが、今回は改めて「自賠責保険」とは一体何なのかということをお話ししたいと思います。


現在、自動車は必需品であり多くの人々が所持しています。一家に一台あるといってもよいでしょう。そんな便利な自動車が世の中に普及されてきた当初、交通事故が身近になてきたにもかかわらず、保険制度そのものが存在していなかった時代がありました。


当然、自動車が増えればそれに比例して交通事故も増加します。しかし、保険制度がないために、不幸にも亡くなったり、大けがをしてしまったにも関わらず、何の補償も受けれなかった人が多くいました。


そんな世の中の混乱を目の当たりにし、相互扶助という考えをもとに、皆で保険料を出し合い、死亡保障、後遺症、治療費、慰謝料などを補償するためにできたのが、交通事故の保険「自賠責保険」なのです。


このようにして誕生した「自賠責保険」により、交通事故に遭ってしまった人々を救うことができるようになりました。しかしながら、現代に至ってもいまだに本来受けられるはずの適正なサービスが受けられていない方々が、想像以上に多くいらっしゃいます。


そこでジコサポでは保険制度が出来た当初の「相互扶助」という原点に回帰し、「交通事故に遭った方が適正なサービスを受けてもらうこと」を根幹に活動しています。当院でも、みなさまが正しく保険サービスを受けられるよう、精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。わたくし、交通事故専門士の石田が責任を持って対応させていただきます。

text_car_anzen_unten

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

交通事故の後遺症

2014.10.04 | Category: 交通事故

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

もう何年も首の痛みが取れない…実はその痛みは何年も前の交通事故が原因であることがあります。


これが交通事故の後遺症です。実際、このような悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。中には10年来の痛みを持っている方も。多くの場合、むち打ち症が考えられます。


むち打ち症は、ほうっておけば治るだろうと軽く考えてしまいがちです。しかし、この軽い考えから交通事故の衝撃から10年来の痛みに悩まされてしまうことになるのです。むち打ち症は早期治療が大切です。


交通事故をしてすぐの頃では痛みが出ないことがあります。この理由としては頚部に衝撃を受けたばかりの頃は交感神経が優位となり興奮状態であるためと言えます。痛くないから大丈夫と思っていると、あとからどんどん症状が悪化していくということも十分考えられます。


そういった状況を防ぐためにも交通事故に遭われたらきちんと交通事故専門の治療をしていく必要があります。当院は交通事故のむち打ち治療に力を入れております。さまざまな面から皆様をサポートしてまいります。悩みを抱える前に、ぜひご相談ください。

medical_seitaishi_sejutsu

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ