MENU TEL

野球を思い切り楽しむために、当整骨院の野球治療で根本から改善。

日本では野球はとても人気の高いメジャーなスポーツですので、競技人口もとても多くたくさんの方が一生懸命練習をされていることでしょう。

将来野球選手になりたいという夢を持つお子さまに気を付けていただきたいのが、野球によるスポーツ障害です。練習に打ち込めば打ち込むほどに身体に負担をかけてしまい慢性的な痛みとなってしまうことが御座います。

当整骨院では、野球による故障を素早く根本から取り除くための治療を得意としております。

ピッチャーに起こりやすい野球肩・野球肘

ピッチャーをされている方は毎日たくさん投げ込みますので、肩や肘には大きな負担がかかります。疲労が取れないまま投げ続けてしまうことで野球肩や野球肘といったスポーツ障害を起こしやすくなるのです。特に身体が成長している途中の学生さんに多くあらわれる症状ですので、少しでも痛みを感じたら浜松市東区で土曜日曜休日や夜遅くまで営業している接骨院や整骨院へご来院ください。

全ての年代の野球選手にオススメしたい治療

当整骨院の治療は、少年野球をされているお子さまから、学校の部活動をしている学生さん、社会人の方など年齢や性別を問わずにオススメいたします。浜松市東区で土曜日曜休日や夜遅くまで営業している当整骨院で全身のバランスを整えることで、正しい身体の使い方が出来るようになりパフォーマンスアップにも効果的です。

当整骨院へ通っていただいている患者様の中にも野球による怪我でお困りの方がいらっしゃいます。

その中でも今回は、お困りのことがあるといつも当院を信頼して通ってくださっている加藤裕さん(写真左)にインタビューを行いました。

―――加藤さんの今の症状やその原因について教えてください。

加藤さん:僕が今痛めているのは右肩と背中周辺です。今野球をやっていて、ポジションがピッチャーなんですけど、試合で無理して投げちゃったので。練習とかは定期的にやっているわけではないんですけど、晴れの日は日曜日に練習試合みたいな感じで楽しみながらやっています。野球を始めたのは、小学校の時に友だちに誘われたことがきっかけで、それから高校までずっと部活で続けていました。今みたいに社会人になってからはクラブとかは入ってはいないんですけど、知り合いのチームに誘われて、さっき言ったように週1回くらいのペースで野球の試合をやっています。右肩を痛めたことで、肩が思うように上がらないので、野球以外の日常生活では、高いところのものを取るときが1番困りますね。

―――それらに対してどんな施療を受けましたか?

加藤さん:今はしんせつな鍼灸マッサージ整骨院には週に3~4回通っていて、マッサージ、ストレッチ、干渉波、高周波などをやってもらっています。僕はとくに柔道整復師の先生にやってもらうマッサージ(柔道整復術)が気に入っています。痛いところなどを細かく聞きながら施術してくれるので、時間内にピンポイントで充実した施療が受けられていると感じています。毎週日曜日に野球の試合があるのでどうしてもそこで肩を無理に使ってしまうんですけど、そのあとちゃんとここでアフターケアをしてもらって、次の日曜日の野球の試合にはほぼ万全の状態で臨めるようにしています。だから、完全に回復とまではいかないですけど、これ以上悪くならないように施術してもらっています。

僕は野球の試合後2~3日経ってから痛みなどの症状が強くなる傾向があるみたいなので、それに合わせて施術の内容を工夫してやってもらっています。あと日常生活でもできるストレッチも教えてもらいました。それは肩のストレッチなんですけど、今までは腕をクロスして肩の付け根を伸ばしていたんですが、僕が特に痛い背中に近い肩の筋肉(菱形筋)を伸ばすには、そのストレッチの時に脇の下を押さえるといいと教えてもらいました。試合の前などにやってみたいと思っています。もう1つ日常生活面での気を付けることについて先生から言われているのは、右肩を酷使しないように、ということです。まあ立ち仕事だし日常生活で肩を使うことはそんなにないのでそこは気を付けられています。

―――では、当整骨院についてお伺いします。しんせつな鍼灸マッサージ整骨院を知ったきっかけはなんですか?

加藤さん:僕はジムに通っている※ので、行き帰りの通りがかりでここにあるということは知ってはいました。何度かスタッフさんを見かけてはいたんですけど、あるときちょうど野球をやったあとに肩が痛かったときがあって、そんなときにここの助手さんに声をかけられて、ためしにと思って来たのが1番最初のことです。

―――今まで行ったことのある整骨院との違いやしんせつな鍼灸マッサージ整骨院の良いところはありますか?

加藤さん:今までも学生時代などに野球で肩が痛くなったときには、近所の整骨院には行ったことがありました。しんせつな鍼灸マッサージ整骨院はスタッフさんが若い方も多いので、僕のような年代の方でも気軽に入りやすいと思います。あと、みなさんの雰囲気がとてもいいです。なんというか、アットホームな感じなので楽しいですし、何と言ってもスタッフさんの笑顔が素敵です。いつも身体だけでなく、心も癒されています。

―――加藤さんは野球で肩を痛めた時などには当院を頼ってくださっていますが、ほかの整骨院や整形外科に行かずに、こちらに通い続けていただける理由はなんですか?

加藤さん:僕はここのジムに通っているので、行き帰りのどちらかで寄りやすいというのが大きいですね。あとは夜遅くまでやっているから仕事が日勤の日も仕事帰りに来れるし、何と言っても土曜・日曜・祝日もやってくれているので、平日から変わらず継続的に施術を受けることができて本当に助かります。なかなか他では、土曜・日曜・祝日もやってくれているところはないので。それに待ち時間もほとんどないですね。たまに待つことはあっても5分以内には案内してくれるので全然気にならないです。

―――加藤さんのほかにも野球でけがをしてお困りの患者さんになにか伝えたいことはありますか?

加藤さん:1番は無理しないことですね。あと痛かったら、病院に通ったほうがいいです。それにつきますね。