MENU TEL

当院で徹底的にむち打ち治療を

交通事故の衝撃でむち打ちを負ってしまうことはとても多く、さらに痛みがあるのにレントゲン検査では異常なしと判断されてしまうために適切な治療が受けられずにいる方がたくさんいらっしゃいます。むち打ちはシップを貼ったり、痛み止めを飲んでいるというだけでは解消されない怪我ですので当院にて専門治療が必要となります。

後遺症のリスクが高いむち打ち

むち打ちというのは、適切な治療を受けずにそのままにしていたり、少し痛みが引いたからといって治療を中途半端に終わらせてしまうことでむち打ちの後遺症が残ってしまうことも少なくありません。

こうしたリスクを無くすためには当院にて完治するまで徹底的にむち打ち治療を受けることが大切です。むち打ちの治療に関して自己判断はせずに当院の専門家にお任せください。

受傷時期や症状に合わせた治療

むち打ちは、患者様ごとに症状が異なります。痛みや運動制限、痺れ、麻痺などを始めいろいろな症状があるのです。

そしてむち打ちが発症した時期によっても必要な治療には違いが御座いますので、当院のむち打ちの治療は患者様ごとのオーダーメイド療法となります。早くもともとの生活に戻れるように当院の治療でサポートいたします。

むち打ち治療について

長引く痛みも当院のむち打ち治療で改善

むち打ちにはさまざまな症状が御座います。

首が痛くなったり、熱を持つようなむち打ちがあったり、首をまわしたり上下に動かすのがつらいむち打ちといったような患部にあらわれる症状をはじめ、四肢の神経障害や自律神経症状、全身倦怠感など、交通事故の状況や個人の体質によって、出てくる症状は違います。

ですので、治療は各々の患者様の状況をカウンセリング・アセスメントしたうえで、個別性のある治療を行っていきます。

むち打ちはただ単純に首を機械で引っ張ったり、電気をし温めたりすれば治るというような単純な怪我ではないということを頭にいれておかなければなりません。すでにむち打ちの治療で浜松市内の病院や整骨院などに通院されているという方、きちんと身体に合わせた治療をうけているでしょうか?

深夜まで診療している当院ではむち打ちのほとんどの患者さまが病院に通院しながら接骨院でもむち打ち治療をしていますが、対処法は、むち打ちでズレてしまった骨格を矯正したり、筋肉の調整をし、きちんと効果を実感できます。

いままでむち打ちで病院や接骨院に通院したけども、改善しないためにちょっと諦め始めているという方も、むち打ちの治療や賠償の疑問でしたら浜松市でもまれな専門士のいるむち打ち治療を得意としている当院で相談してください。

どのタイプのむち打ちでも早めに当院に相談・治療

むち打ち症はいくつかの種類に分類されますが、もしむち打ちの症状があまり重くなかったとしても浜松市で最も評判のよい治療を受けて治すことが大切です。
ひどいむち打ちの後遺症を残さずに改善させるためにも早めにご相談いただき、1度治療を受けみてください。

「頚部捻挫」や「外傷性頚部症候群」などといった名前をご存じないという方も、「むち打ち」という言葉は聞いたことがあるでしょう。特に交通事故の衝撃によって負ってしまいやすく、追突や衝突事故、自動車の運転時以外にもバイク、自転車事故など、さまざまなケースで負傷する可能性があります。

むち打ちは首を動かすのが出来ないほどに痛みが強くなるむち打ちもありますし、頭痛やめまい、吐き気、手足のシビレなどを発症するむち打ちもあり、むち打ちの程度は患者様ごとに異なります。

軽いむち打ちですと治療すれば完治するのも早いのですが、重症なむち打ちになってしまいますと長年つらいむち打ちの後遺症が残ってしまうということも御座いますので、出来るだけ早めに東区でもっともむち打ちの治療を得意とする当院にてむち打ち専門プログラムの治療を受けて解消していただくのをお勧めいたします。

むち打ち症は以下の4つの種類に分けられます。

何処にむち打ちの衝撃を受けてしまっているのかによってタイプが異なりますし、あらわれる症状にも違いが出てきます。「頸椎捻挫」と聞くと、ただの捻挫だから大したことないだろうと思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

むち打ちは市内でもなるべく遅い時間まで受付しているむち打ち治療を得意とする医療機関でしっかりと通院して完治させることが大切です。

「むち打ち症」は原因や症状別4タイプそれぞれで適する治療法は違います。

当院でもむち打ちの患者さまごとにさまざまな症状がございます、症状の重いむち打ちですと痛みにより首を動かすことが出来ない方もいらっしゃいます。それ以外にもむち打ちでは、頭部症状や目症状、嘔気、神経障害にも発展します。

1.頸椎捻挫型むち打ち

交通事故が原因のむち打ち症で多くみられます。頸部の筋肉や軟部組織の破損や捻挫によって出現します。疼痛、圧痛、運動時痛がみられ、首や肩の動きが制限されることもあります。

2.根症状型むち打ち

むち打ちの中でも神経根が椎間孔内外で圧迫される状態です。頭部、頸部、腕や手に痛み、しびれ、だるさなどがみられる。咳やくしゃみ、いきんだ時、首をそらしたときに症状が強くみられます。

3.バレ・リュウー症状型むち打ち

頸部交感神経や椎骨動脈が圧迫されて出る症状。ひどいむち打ちですと後頭部や頸部の痛み、めまい、耳鳴り、しびれなどがみられます。

4.脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

むち打ちにより髄液の圧力が急な高まりにより、くも膜が裂け脳脊髄液が流出したことにより起こる症状。症状は気圧や天候など日によって異なります。自然治癒する場合も多いのが特徴です。X線検査やMRI検査ではほとんど発見されません。浜松市内の病院でこの症状を専門で治療しているところは少ないといわれています。

むち打ちは受傷直後は症状が軽いことが多いのですが、日が経つにつれて様々な傷害が現れます。軽い気持ちでむち打ちを放置すると、症状がどんどん悪化したり、何年も治らないということにつながりかねません。実際にむち打ちの後遺症に悩まされている方もいらっしゃいます。このようなむち打ちは、適切な治療を受けて治していきましょう。

  • 自動車やオートバイなどに追突されて数日間は無症状だったが、最近になって首・肩にハリ感が出てきた。
  • 首を動かした時に筋が突っ張る。
  • 首や肩が熱っぽい。
  • 手や足にしびれ、またはだるさがある。
  • 顎に違和感や痛みがある。または口が開けづらい。
  • 手や足にしびれ、またはだるさがある。