MENU TEL

テニス肘の痛みは当院のテニス治療で改善

テニスは小さなお子さまから、学校での部活動、ご年配の方の趣味としても大変人気のあるスポーツです。

しかし、間違った身体の使い方をしていることで起こりやすいスポーツ障害も御座いますし、足首や手首の捻挫、アキレス腱の損傷、太ももやふくらはぎの肉離れといった怪我も御座います。

どのような場合でも身体に痛みを感じた時にはお早めに東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院で治療を受けるようにしましょう。

テニス肘というスポーツ障害について

テニス肘というのは、ボールを打つ際に肘にかかる負担が蓄積することによって起こるスポーツ障害です。

発症してすぐはテニスをしているときにだけ痛みが出るのですが、悪化してしまいますとテニス以外の日常生活でも痛みが出てきてしまうことも御座います。何かをつかむ動作や、雑巾を絞る動作などで痛みを感じた時には、テニス肘を発症している可能性が高いため、専門治療が必要です。

肘に負担がかからないように身体を調整

テニス肘の症状は休養するだけでは症状が改善することは難しいと思います。また痛みを我慢してプレーし続けても痛みが増幅されてしまいます。初期の段階でありましたら数回施術を行うだけで痛みを軽減することも可能です。

当院では自宅でできる予防法などもお伝えしておりますので少ない施術回数でも自宅でできる予防法を身につけて頂ければ痛みを抑えることはできるようになります。テニス肘でお困りの方はぜひしんせつな鍼灸マッサージ整骨院にお問い合わせ下さいませ。