MENU TEL

ブログ記事

むちうちの診断方法

2018.07.12 | Category: 交通事故

整骨院、整形外科が協力してむちうちの診断を行います。

 

 

こんにちは、浜松市東区の しんせつな鍼灸マッサージ整骨院です。

 

 

交通事故によって引き起こされるむちうちは、整骨院や整形外科ではどのような診断をされているのか、

詳しく説明させていただきます。

 

 

じつは、交通事故のむちうちの診断における明確な基準がないのが現状です。

 

交通事故後、むちうちの症状が出ていても、

その原因となる軟部組織の損傷は、MRIにも映らないですから、

交通事故によるものかの判断がむずかしいんです。

 

交通事故後に頚部の画像診断で骨折や脱臼が否定された場合に、

除外診断としてむちうちと言われることが多いです。

 

 

では、どのような順序で、交通事故後に整骨院や整形外科で診察されていくのか、説明していきます。

 

 

① 診察

 

まず、整骨院でも整形外科でも、問診にて

交通事故の状況や、交通事故後の症状、交通事故前の状態についてお聞きします。

 

むちうちの症状が交通事故によるものだと判断するのに非常に重要で、

またどのような交通事故による自動車などの動きで身体に症状が生じているのかを推測します。

実際には、頚部の可動域や疼痛、圧痛、ジャクソンテスト、スパークリングテスト、

反射検査、知覚テスト、粗大筋力テスト、平衡機能テストなどを行います。

 

 

 

② 画像診断

 

これは整骨院では行えませんので、交通事故後に当整骨院にお越しいただいた後に、

提携する整形外科に紹介状を出して診察してもらいます。

 

まず、レントゲン・CTです。

交通事故後の頚部の状態として、頚部の直線化や後弯、脊柱管狭窄が認められることが多いです。

 

また、MRIも画像診断のひとつです。

交通事故後の頚部疼痛と、椎間板の膨隆には相関があるともされており、

それに対しては手術療法がすすめられることがあります。

 

交通事故によるむちうち患者のうち、比較的多くの方に椎間板ヘルニアが存在しているとの報告もあります。

 

交通事故後、症状がなかったとしてもそのうちの5分の1程度の方に

MRIによる画像で異常所見があるともされており、それは高齢になるにつれて確率があがっていくようです。

 

しかしこのように交通事故後の画像診断で異常所見があったとしても、

交通事故との因果関係を証明するのはむずかしいといえます。

 

ただ、MRIでの交通事故後の画像診断では、

交通事故による頚部神経根症状や脊髄症などの神経症状が出た場合には、

その症状の出どころを指摘できるため、交通事故後のMRIは重要です。

 

 

 

③ 筋電図・SEP(体性感覚誘発電位)・MEP(運動誘発電位)

 

運動系の観察には筋電図とMEP、神経系の観察にはSEPが使用されます。

交通事故による頚部の外傷で、四肢の症状が出ることが多いですが、

それが頚髄によるものだということを検査することができます。

 

 

 

④ 重心動揺計

 

身体の平衡機能を評価するために行います。

これも場合によっては交通事故によるものなのかの判断が難しいですから注意が必要です。

 

 

 

⑤ PET

 

交通事故によるむちうち患者の中には頭部の脳代謝の低下がPETにて認められる場合があります。

しかし研究途中であり、一般的に臨床への普及はまだまだのようです。

 

 

 

⑥ 脳波

 

交通事故によるむちうちでは脳波異常が指摘されることもあります。

 

 

 

 

交通事故後、むちうちの診断に必要な代表的なものを上記に示しましたが、

ほかにも必要に応じて、膀胱内圧曲線やサーモグラフィー、聴力検査、電気眼振図なども行うことがあります。

 

 

当整骨院だけでなく、ほかの医療機関との連携が重要になります。

当整骨院では、患者様の交通事故の状況などから症状を見落とさず、

確実な診断や治療が受けられるように、丁寧に診察を行い、必要であれば多職種との連携も行っていきます。

 

 

ご安心して、浜松市東区の しんせつな鍼灸マッサージ整骨院へお越しください!

 

交通事故によるむちうちの診断は、浜松市のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院にお任せ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ