MENU TEL

ブログ記事

むちうちの症状の出方

2018.07.19 | Category: 交通事故

むちうちに悩んでいる方、しんせつな鍼灸マッサージ整骨院で辛いむち打ちを治しましょう。

 

 

こんにちは、浜松市東区 しんせつな鍼灸マッサージ整骨院です。

 

 

むちうちにより起こる症状はたくさんありますが、頸の痛み、頸の不快感は主な症状です。

 

むち打ちの症状は、交通事故の状態(衝突の向き、速度、事故が予測できたか、姿勢等)の多くの原因により

痛みが出る部位が異なることが予想できます。

 

そのため損傷の部位が異なり、筋肉、神経、椎間関節、椎間板、等いろいろな部位に痛みが出るとされています


むちうち後の慢性的な頸の痛みの症状が出る場所として椎間関節が最も多いとされています。

 

 

研究により、むちうち後に椎間関節が正常ではない動きになることは明らかでありますが、

どのような損傷となるかはまだ分かっていません。

 

むちうちの特徴として交通事故のあとすぐにはむちうちの症状がでることはなく、

交通事故から数時間がたってから、または次の日にむちうちの症状が出ることが多いです。

 

頸の靭帯、関節包、軟骨に損傷がある場合、むちうちの痛みは交通事故後すぐに出るはずですが、

時間差ができるのはむちうちが器質的な損傷でないこととして

補償神経症として診断されてしまう可能性があります。

 

 

むちうちを発生させにくいとされている自動車の速度が遅い交通事故でもむちうちとして痛みが出ることが多く、

むちうちは保険会社・加害者の交通事故の大きさに対するものと一致せず、

被害者のむちうちの症状の存在が問題を複雑にしています。

 

 

人の頚部の椎間関節には関節の中に存在する滑膜の組織があり、

そこには神経の組織が達しています。

 

追突の衝撃として前に開いている椎間板の動きに伴い、正常だと面と面がスライドする動きから、

上の関節から下の関節に向かう動きをし、椎間関節滑膜ヒダを挟むことが想像できます。

 

滑膜ヒダを挟むことにより滑膜の組織に炎症が起こり、

交通事故の数時間後に痛み、むちうちが起こると考えると時間差が出ることが分かります。

 

この滑膜のヒダは男女差、年齢差と人それぞれであると考えられており、

このいろいろなむちうちの症状の出方やばらつきなどに影響を及ぼしていると考えられています。

 

 

 

また、最近、ラットを使用した研究にて頚部椎間関節は頸部交感神経幹に枝を出していることが分かり、

むちうちの方に出る自律神経系の痛みや症状(頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、疲労感、)も

椎間関節からきている可能性があるとされています。

 

 

 

浜松市東区 土日祝夜遅くまで営業している

しんせつな鍼灸マッサージ整骨院で交通事故のむちうちによる痛みをなくしましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ