TEL

交通事故治療(むち打ち治療・後遺症)の専門士も常駐!浜松しんせつな鍼灸マッサージ整骨院は23時まで受付 | 浜松市東区

お問い合わせはこちら

交通事故施術は浜松しんせつな鍼灸マッサージ整骨院|深夜23時迄営業 | 浜松市東区

交通事故施術は浜松しんせつな鍼灸マッサージ整骨院|深夜23時迄営業 | 浜松市東区

交通事故施術は浜松しんせつな鍼灸マッサージ整骨院|深夜23時迄営業 | 浜松市東区

交通事故施術は浜松しんせつな鍼灸マッサージ整骨院|深夜23時迄営業 | 浜松市東区

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故におけるシートベルトの有効性

交通事故におけるシートベルトの有効性

2018.08.14 | Category: 交通事故

 

交通事故においてシートベルトは命綱です

 

 

浜松市で交通事故施術を得意としている当整骨院ですが、

やはり少しでも浜松市の交通事故によるけがは少なくあってほしいものです。

 

そこで、自動車乗車中において、ふいに交通事故に遭ってしまっても、

私たちの身体を守ってくれるのは、シートベルトです。

 

 

2014年に全国でのシートベルト着用状況の調査(警察庁・JAF合同)が実施されています。

 

 

運転席は一般道路で約98%、高速道路で約99%、

助手席は一般道路で約94%、高速道路で約98%、

後部座席では一般道路で約35%、高速道路で約70  でした。

 

 

最近はシートベルト着用が促されており、データ上では着用率は高いと感じますね。

(交通事故のことを考えると、本来はすべて100%であってほしいものですが…)

 

 

特に一般道路の後部座席の着用率が3割と顕著に低いです。

たしかにまだまだ後部座席ではなにか特別な理由がない限り着用しない、という方も多いでしょう。

 

もちろん後部座席もシートベルト装着は推奨ではなく、義務です。

これに違反すると、高速道路の場合は違反点数1点の罰則がかかります。

一般道路では罰則はありませんが注意喚起はしています。

 

これが理由なのか、後部座席の高速道路での着用率は、一般道路の倍以上ですね。

しかし、違反になるから着用するのではなく、

交通事故の際に自分の身を守るため、交通事故で命を落とさないために行っていただきたいです。

 

 

後部座席では、前に運転席と助手席があるため交通事故に遭っても

車外に投げ出される可能性は低くなりますが、死亡交通事故に至ってしまう可能性は格段に上がります。

 

 

 

ではここで、シートベルト着用が義務づけられない場合を以下に示します。

 

 

1.何らかの身体的異常(怪我や障害)や妊娠中などの理由により、

座席ベルトの装着が身体的、健康的に適さない場合

 

2.座高が一般的な人に比べて非常に高いもしくは低い場合や、極度の肥満体形などの状態により、

座席ベルトを装着自体が適切に行えない場合

 

3.運転中、自動車をバックさせる場合

4.後部座席に座席ベルトが存在しない、軽貨物車両の場合

5.座席ベルト数以上の人数が乗っている場合

6.その他、道路交通法が定める職業の従事中の運転の場合

 

 

1.2においては免除されるのは運転中以外のみですので注意してください.

 

 

また、最近のデータでは、妊娠中の女性でもシートベルトを着用していたほうが、

交通事故において安全ということも示されています。

 

これは、交通事故の衝撃でお腹がベルトによって圧迫されてしまいますが、

装着をしていないと交通事故の際にお腹がダッシュボードや前の座席など、

ベルト以上に衝撃の大きい物に当たってしまうために、

装着していないほうが交通事故の際に大きな衝撃になる可能性が高くなることが理由の一つでしょう。

 

 

 

違反になること以上に、交通事故によるけがの被害を少しでも軽くし、

また交通事故の際に大事な命を守るために重要ですが、締め付けが苦しいという意見もよく耳にします。

 

さらに、乗り物酔いをしやすい方の場合は、その圧迫によりさらに乗り物酔いによる吐き気が増していきます。

 

 

 

そんな方のために「シートベルトストッパー」というものがあります。

 

これは比較的緩めた状態で締めることができます。

少しの緩み自体は違反にはなりません。

 

しかし本来の形で使用するのがもっとも安全で、交通事故から身を守るために重要です。

 

場合によっては使用も推奨できますが、基本的には本来の状態で使用して、交通事故から身を守りましょう。

 

 

 

ときおり、装着することで交通事故の際にむちうちが起きるのでは?

と思っておられる方もいらっしゃるようです。

 

たしかに、間違いではありませんが、交通事故の際にむちうちで済むのと、

フロントガラスに頭を打ち付けるのと、どちらが良いのかは一目瞭然ですね。

 

交通事故においてむちうちは避けられないものの一つでもあります。

 

その分、交通事故によるむちうちにお困りの方も多く、

浜松市の当整骨院はそんなお客様の手助けをするために存在しています。

 

まずは交通事故から命を守ること、そして万が一交通事故でむちうちになったとしても、

交通事故施術を得意としている浜松市東区の当整骨院へお任せください。

 

 

浜松市で交通事故、むちうちでの施術は浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院へどうぞ!