MENU TEL

ブログ記事

むちうちにおける疑問

2018.07.24 | Category: 交通事故

 

むちうちはまだ医学的に解明されていないことも多いんです。

 

 

 

こんにちは、浜松市東区の しんせつな鍼灸マッサージ整骨院です。

 

 

交通事故によりむちうちになってしまう可能性が高い、というのはみなさん多くの方がご存知でしょう。

 

しかし、むちうちの診断や治療、予後や経過はいまだに不明点が多く、

私たち整骨院治療家を悩ませている疾患です。

 

今回は、浜松市の当整骨院に寄せられることの多いむちうちの疑問点と

今後の課題について少しご紹介させていただきます。

 

 

むちうちにおける疑問点①
軽い衝撃にも関わらず、強くむちうちの症状がでるのはどうして?

 

むちうち損傷は、頚部の筋肉や靭帯などの、いわゆる軟部組織の損傷、(=捻挫)と言われています。

 

例えば足の捻挫であれば、多くの場合は1~2カ月で治癒します。

 

また、治癒に時間がかかっても、それは足の関節や骨に異常があることが多いんです。

 

しかし頚部捻挫(むちうち)は、むちうち患者のうち10%程度の患者様が

半年以上もむちうちの症状に悩まされているのが現状です。

 

むちうちの症状がその他の部位の捻挫に比べて症状が重くなりやすい理由はいまだ定説はありません。

 

 

 

むちうちにおける疑問点②
むちうちの症状が強くても画像診断で異常が認められないのはどうして?

 

 

むちうち患者が、レントゲンやCT、MRI、PETなどの画像診断で精密検査をしても、

むちうちの症状を関連付ける結果がみられないことが多いです。

 

最近では、むちうちの中の一つである、脳脊髄液減少症に対しては、

脳槽シンチグラムやMRミエログラフィーといった検査による異常が認められるようです。

 

しかしまだ臨床では知られていないことも多く、

今後のむちうちの画像診断に対する研究に期待をしたいところです。

 

 

 

むちうちにおける疑問点③
交通事故後少したってから、むちうちの症状が遅れて出ることがあるのはどうして?

 

 

交通事故当日にはむちうちの症状を訴えなかった患者が、

交通事故後数日経過してから、むちうちに悩まされることが多いのも現状です。

 

交通事故後すぐにむちうちにならなかったために、交通事故後に適切に整骨院や整形外科を受診せず、

医療費を申請できなかったり、詐病と言われてしまうケースもあります。

 

交通事故後すぐは、からだもこころも興奮状態にありますから、

むちうちの症状に気づかないこともあるようですね。

 

浜松市で交通事故に遭ったら、すぐに浜松市の当整骨院のような専門機関を受診し、

自分でも気づかないようなむちうちの症状やその他の体の不具合を見つけ、

早期にむちうちの治療・介入を行うことが、むちうちの早期回復にはとても重要になってきます。

 

 

 

むちうちにおける疑問点④
むちうちは心の問題だとか詐病と言われるのが多いのはどうして?

 

 

交通事故によるむちうちは、患者自身にとって非常にストレスになることは間違いありません。

 

むちうちの症状がつらいことに加えて、

交通事故の被害者であるというストレス(慰謝料や請求問題、自動車などの修理問題…)、

また加害者の方も意図的に交通事故を起こしたわけではありませんから、それなりのストレスが生じます。

 

これらのストレスがむちうちの症状に影響していることは、データ上明らかになっているのも確かです。

 

それに加えて、むちうちの症状は、ここでも何度か述べたように医学的に立証されていないことも多いですから、

いわゆる「詐病」だとか言われてしまうことも少なくありません。

 

しかし、ストレスによってむちうちの症状が助長されてしまう、という現実も、

むちうちの難点のひとつではないでしょうか。

 

 

 

浜松市の当整骨院ではむちうちの痛みに対する治療だけではなく、

請求や慰謝料、自動車の修理関係など、精神的サポートも怠りません。

 

浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院で一緒にむちうちを乗り越えていきましょう。

 

浜松市東区の当整骨院のむちうち治療をぜひ。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ