MENU TEL

未分類の記事一覧

交通事故専門士がお答えします!

2019.08.08 | Category: 未分類

交通事故治療のことなら浜松市の当整骨院へお任せ!

 

初めて交通事故に遭ってしまったら、何をどうしたらいいのか、1からわからないことばかりですよね。

しかも、身体も痛い・・・

浜松市のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、そんなお困りの交通事故患者様を救済したいと考えています。

交通事故に関するご質問や不安で、多いものをご紹介させていただいております。

Question1

浜松市で交通事故に遭い、むちうちになってしまいましたが、当て逃げでした。加害者が分からない場合は、なんの補償も受けられないのですか?

Answer

通常、交通事故に遭った場合、加害者の入っている自賠責保険や任意保険から補償を受けることができます。

しかし、この論理でいくと、当て逃げやひき逃げで相手がいない場合はなんの補償も受けられないことになってしまいますね。

ご安心ください。このように、加害者が分からない場合には、政府の制度を利用できます。

政府損害賠償保障事業といいます。

これは、当て逃げなど以外にも、相手が無保険のときにも利用できる制度です。

Question2

私は交通事故の被害者です。相手が任意保険を使わないと言っていますが、そんなことができるのでしょうか。

Answer

あくまでも「任意」保険ですから、任意保険の使用は義務ではありません。

しかし、任意保険を使用しない理由があまりに合理的でない場合には、それなりの交渉が可能であると考えます。

 

Question3

車に乗ってはいませんでしたが、ぶつけられて傷ができました。

修理費はもちろん、大事な車を傷つけられたことに対する慰謝料はもらえますか?

Answer

物損事故では慰謝料は請求できません。

過去のいくつかの裁判でも、被害者側にどんな理由があろうと認められないことがほとんどです。

 

Question4

交通事故で足を骨折しました。

浜松市内の病院まで自分ではいけないのでタクシーで通院せざるを得ない状況です。

交通費はどこまで支払われるのですか?

 

Answer

通院交通費といいます。

これは交通事故の通院の際に、公共交通機関を利用した場合に往復分の交通費が支払われます。

タクシーは公共交通機関ではありませんが、負傷状況や通院距離などによっては認められますのでご安心ください。

通院交通費としては、

原則として、通院の際に公共交通機関(電車やバスなど)を使った場合の往復分の交通費が認められます。

しかし、もちろんですが、タクシーを使う必要がないのに利用したり、

本当は自家用車で通院しているのに請求したりはできません。

Question5

交通事故に遭い、浜松市内の整形外科で「頚部捻挫」と診断されました。

浜松市内の自宅近くの整骨院にもリハビリとして通っています。

頸以外にも足も痛いのですが、足も整骨院で治療してもらうことはできますか?

Answer

整骨院が加害者側から損害賠償として受け取れるのは、交通事故と関係のある部位の治療のみです。

交通事故との関係を証明するのは、1番は整形外科などの病院の診断になります。

基本的には医師の診断がない部位は交通事故治療として扱うことは難しいと考えてください。

 

Question6

交通事故により車が壊れてしまったのですが、買ったばかりの新車でした。

買い替えの代金は請求できますか?

 

Answer

基本的に、新車の購入費用は支払われません。

実際に、新車を買った翌日に交通事故に遭ってしまった事例にも、新車の購入代は請求できませんでした。

 

Question7

示談の際の弁護士相談費用は加害者に請求できますか?

Answer

交通事故における示談交渉は基本的には自己負担です。

裁判になると、ときおり認められる場合がありますが、損害額の1割程度です。

自動車保険には「弁護士費用特約」といって、示談交渉の際に弁護士相談費用がかからない特約があります。

これは意外と知らない方も多いようですね。

ご自身の保険契約内容を見てみるといいでしょう。

 

交通事故にあったばかりのときは示談や弁護士、修理のことまで頭が回らないですよね。

浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、みなさん個々の交通事故や個人の状況に合わせて、

さまざまな助言、支援をさせていただきます。

 

浜松市で交通事故治療でお困りでしたら、浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院へどうぞ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

整形外科や整骨院の交通事故における損害賠償について

2017.09.13 | Category: 未分類

整形外科や整骨院の交通事故における損害賠償「慰謝料」

こんにちは交通事故専門士の石田です。

今回は整形外科や整骨院の交通事故の慰謝料に関してお話します。

整形外科や整骨院の交通事故

整形外科や整骨院の慰謝料としての賠償額

交通事故に遭ったために必要となった整形外科や整骨院の施術費、所有物の毀損などの“財産的損害”のほかに、“精神的苦痛”も交通事故の損害賠償の対象です。

慰謝料は、交通事故で被害を被ったために感じた恐怖や哀しみのような精神的損害を償います。慰謝料は目に見えない精神的な損害についての損害賠償金であり、損害がどのくらいか目に見える財産的な損害賠償とは性質が違うので、被害者が納得する賠償金を算出するのは、なかなか難しいものです。

傷害交通事故、後遺障害、死亡事故に各々基準がありますが、一応の基準であり、明確な基準ではありません。むち打ちの度合いや交通事故被害者の年齢、職業等で賠償額を決定します。また、交通事故の加害者が被害者に対しどれだけ誠意を尽くしたのかも賠償額を決める上で考慮される内容のひとつです。

整形外科や整骨院通院慰謝料の算定に関する判例はたくさんありますが、算定するにあたり考慮される事情は様々あります。交通事故により同じ被害を被ったとしても、被害者や被害の様態が違えば慰謝料も違ってくるのです (さらに…)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

病院や整形外科における交通事故に対する訴訟について

2017.08.13 | Category: 未分類

病院や整形外科における交通事故に対する訴訟の費用

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

今回は、病院や整形外科における交通事故に対する訴訟の費用に関してお話ししていきます。

病院や整形外科における交通事故に対する訴訟について

交通事故の訴訟に必要な費用

訴訟費用とは、交通事故の訴訟を行うのに必要な費用であり、裁判費用と当事者費用があります。

 

  • 裁判費用

交通事故の裁判費用は裁判所に納めます。これには、手数料・その他裁判費用があります。裁判所に訴える際に必要となる費用が手数料です。訴訟の目的の価額に従って法律で定められています。訴額5万円の場合には1000円ですが、徐々に上がっていき、例えば、訴額300万円では20000円、1000万円では50000円となっています。手数料を収入印紙にして訴状に付けます。この手数料を納めないときには、訴えは却下されてしまいます。手数料以外の裁判費用は、書類を送ったり、証拠を調べたりなど、裁判所が手続きに必要な行為を行うための費用です。証人尋問するときには、証人に旅費や日当を、鑑定を行う際は鑑定料を支払う必要があります。これらの費用は、裁判所からあらかじめ収めておくように言われます。この費用を納めていないと、裁判所は証人尋問や鑑定などが行えません。ちなみに、訴訟書類の送達費用は、被告1人あたり6400円程度で、これは郵便切手で、その他は現金で納めなければなりません。

 

  • 当事者費用

訴訟の当事者が訴訟を進めていくために当事者自身が支払う費用。例えば、訴訟の当事者が法人のときに必要となる資格証明書、訴状や準備書面など書面の作成費用などがこれにあたります。また、当事者や代理人が法廷に出頭する為の日当・交通費・宿泊費などもこれに該当します。これらの費用も、訴訟の規模や複雑さなどによってはかなり高額になります。十分に注意しておいてください。

当事者費用のうちで、最も大きな比重を占めるのが、交通事故専門の弁護士に依頼した場合の弁護士費用です。弁護士費用は、基本的に裁判所が付添を命じたとき以外は、勝訴したとしても、敗訴者に負担させることは不可能です。

 

訴訟で必要になるもの

収入印紙:裁判所に提出する訴状に、被告への請求額に応じた収入印紙を貼る

予納郵券:郵便切手。訴状を相手方に送達する場合に使う

証人・鑑定費用:証人尋問や鑑定・検証などで、証人などを呼んだ場合の日当など。申し立てた側が費用を前もって納める

弁護士費用:弁護士に代理人を依頼した時にかかる費用で、弁護士への報酬などが含まれる

諸雑費:訴訟をする当事者が法人の場合に必要となる登記簿謄本、不動産に関する紛争の場合に不可欠となる登記簿謄本の調査や資料収集のための調達費用などがあります。

 

http://nikonikosekkotsuin.com/

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

交通事故における病院や整形外科の保険金請求

2017.07.09 | Category: 未分類

病院や整形外科の交通事故の請求

こんにちは、交通事故専門士の石田です。

今回は、交通事故における病院や整形外科の保険金を請求する際の必要書類について、そして、それぞれの書類を記入する際のポイントについてお伝えしていきます。

初めてみる書類を前にすると難しく感じますよね。しかし、交通事故の被害者請求の場合は書類が揃えられたら手続きは意外と簡単です!

それでは必要書類の詳細をみていきましょう。

交通事故における病院や整形外科の保険金請求

自動車損害賠償責任保険支払請求書

題字:1.交通事故の加害者が保険金を請求するとき、2.交通事故の被害者が損害賠償額または仮渡金を請求するとき、のどちらにも使います。

印鑑:請求書に使用する印鑑は全て実印です。本人確認の為、印鑑証明書も提出します。

請求額の欄:請求書を出す時点でまだ請求金額が確定しない場合は空欄にします。

保有者の欄:保険の契約者と車の所有者が同じであれば、契約者の名前を記入します。車を借りているときに事故を起こしてしまったのであれば、事故した本人の名前を記入します。

支払指図の欄:損害賠償金を保険会社から振り込みしてもらうときの金融機関の口座を記入します。

小切手での受け取りも可能ではありますが、ほとんどの人が安全で使いやすい“口座振り込み”を利用しています。

 

  • 交通事故証明書交通事故における病院や整形外科の保険金請求

自動車安全運転センターへ“交通事故証明書交付申請書”(記入済のもの)を持参すると、事故証明書を発行してもらえます。近くに自動車安全センターがない方は、“郵便振替申請用紙”を農協や警察署、損保会社でもらえば、郵送により交付がされます。

 

記入での注意点

交通事故の種類の欄は、人身事故または物損事故のどちらかを○囲みします。発生日時や発生場所は、交通事故を特定するために大切な項目になるので正しく書きましょう。郵送の場合申請してから約2週間で交通事故証明書が送られてきます。

 

  • 交通事故発生状況報告書

交通事故での加害者・被害者の過失の程度などを判断する為に、交通事故発生状況報告書を提出します。交通事故証明書と異なることなく、同じ内容になるようにします。損害保険会社は、交通事故発生状況報告書で事故が起こるまでのいきさつを整理して、過失割合を決定します。

“交通事故発生状況略図”の欄は記号を使って、交通事故現場の状況を明確に図解します。

 

  • 受付報酬明細書

むち打ち等のけがの施術をした病院や整形外科でもらいます。むち打ち等の損害額を出すときの根拠となるものです。

 

  • 診断書または死体検案書

保険会社から送られてきた保険会社指定の診断書用紙を病院に持参し、むち打ち等のケガの施術をした病院の医師に作成してもらいましょう。病院や整形外科から診断書をもらったら、必要項目がきちんと記入されているかどうか確認しましょう。

 

むち打ち等の後遺症が残った際は、診断書に加え“後遺障害診断書”を提出します。

また、交通事故の被害者が死亡してしまった場合は“死亡診断書”を発行してもらいます。こちらも診断書と同様、むち打ち等の施術にあたった病院の医師が記入します。病院の医師が施術を行っていないとき(即死であった場合など)は、死亡を確認した医師に“死体検案書”の作成をしてもらいます。

 

  • 休業損害証明書

むち打ち等のケガの施術のため、会社から給与が払われないときや減額をされたときには、会社に詳しく証明してもらいます。

自営業者は、前年の確定申告書の控え所得証明で証明できます。所得証明は市町村役場で発行してもらえます。

 

 

次回は、自賠責保険が利用できないケースについてご説明します!

 

http://nikonikosekkotsuin.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ